2018/06/04(月)IPv6の基礎(6) - 機器設定時に必要と思われる知識

このあたりから徐々に佳境になっていきます。
この後、IPv6を理解するために、2進数や16進数の知識が必要になってきます。
といっても、この知識がある方にとってこの項目は冗長なので、ここは読み飛ばしても差し支えありません。
20180605_2.png


今までさり気なく、IPv6アドレスを例示してきましたが、アルファベットが混じっていることにお気づきかと思います。
これは、「16進数」という情報処理系分野でごく普通に使われている数理方式で、普段我々が使う10進数の0~9の10個の数字に加えて、a ~ f のアルファベット6文字を加えて16進数としているのです。
つまり、16進数において、a ~ f は数字なのです。尚、a ~ f のアルファベットは、大文字でも構わないのですが、現在では、一般的に小文字の使用が強く推奨されています。

16進数が多用される理由は、コンピュータ(情報処理機器)との相性が良いからです。
10進数と2進数・16進数との相互変換を使う場面は、IPv6設定においては多くありません。(たまに必要になる場合があるが。。)

コンピュータは、2進数で内部処理の一切を行いますが、0と1の2つの数字しか使わない(だから2進数)ため、大きな数字を表現しようとすると、必然的に桁数が多くなります。

IPv6 アドレスを2進数で表現すると、128桁(128bit)にもなります。2進数4桁をひとまとめにすると、16進数1桁に上手く収まるので、4分の1になる上に、相互変換もやりやすくなります。

尚、一般的に「1バイト」といえば、16進数2桁,8ビットですが、そうでない場合もあるらしく、通信関係では代わりに「オクテット」がよく用いられます。
同じく、16進数2桁,8ビットが「1オクテット」です。

2018/04/10(火)IPv6の基礎(3) - 機器設定時に必要と思われる知識

今回は、IPv6 対応の機器に IPv6 アドレスを設定するときの記述方法です。
20180326_2.png
IPv6 アドレスは記述自体が長くなるため、一定の省略記述ルールが決められています。
しかしながら、必ずしも省略記述をする必要はありません。
むしろ、慣れないうちは敢えて省略記述をしない方がよいのです。

ですが、実際には先駆者によって多用されているので、ここでは省略記述ルールを紹介します。
「省略記述」は全て、数字の'0' (ゼロ) を省略するルールが定義されています。

先ず、「各フィールドの上位桁の'0'は省略可能」です。ただし、'0000' だけは全てを省略せずに'0'を記述します。
次に、「'0000' のフィールドが連続する場合は、該当部分を '::'(ダブルコロン)で省略可能」です。
但し、これが使えるのは1回だけです。

また、'::'(ダブルコロン)は、最も長く省略できる部分に適用すべき、と規定されました。
なので、厳密には上記例の3番目も×です。
2番目の 2001:db8:0:3::1 のみが正解となります。

更に、IPv6 表記でしか設定できない環境下で、IPv4を表記する場合の記述法も定義されています。
現在は、「IPv4 射影アドレス」の記法がよく用いられており、「IPv4 組み込みアドレス」は淘汰方向現在は廃止(使用不可)です。[RFC6890] 参照。
ただし、「IPv4 組み込みアドレス」もたまにみかけるので、知っておくとよいです。

2018/03/28(水)IPv6 の基礎(2) - ネットワーク機器類の取扱説明書を見る時、得意になれそうな知識

不定期掲載のIPv6基礎ネタ第2号です。

今さら誰にも聞けないレベルになりつつある内容ですが、この「備忘録」が役立てば幸いということで。。
今後、従来からのIPプロトコルは、IPv6 と区別するために IPv4 と称することにします。
世の中での表記区別がそうなっているため、それらに倣うことにしました。

今回はIPv6 アドレスの形式です。
20180326_1.png
IPv4 では当初、クラスA,クラスB、クラスC、クラスD、クラスE というカテゴリ分けで、IPアドレスブロックの割り当てがされ、サブネットマスクは固定でした。
以下のような感じです:

クラスA  1 ~ 126 で始まるIPアドレス (サブネットマスク 255.0.0.0)
クラスB 128 ~ 191 で始まるIPアドレス (サブネットマスク 255.255.0.0)
クラスC 192 ~ 223 で始まるIPアドレス (サブネットマスク 255.255.255.0)
クラスD 224 ~ 239 で始まるIPアドレス (サブネットマスク 255.255.255.255)
クラスE 240 ~ 254 で始まるIPアドレス

このうち、クラスDはマルチキャスト通信専用で使われており、クラスEは各種実験・特殊用途向けで一般利用はできないことになっています。
0と255で始まるIPv4 アドレスは仕様的に使用不可、127で始まるIPv4アドレスは、ループバック専用で、これは用途が仕様として強制されています。

クラスDにサブネットマスクの概念そのものがなく、クラスEには、サブネットマスクの規定はありません。
#なので、クラスEの領域は実際は「IPv4 枯渇を無視して割り当てされずに温存されて」います。

クラスA,クラスB、クラスCのサブネットマスクは、1992年6月に RFC1338 で初めて CIDR(「サイダー」と称する模様) と言うクラス分けをバッサリと捨てる概念(=クラスレス化)が提唱され、 1993年9月の RFC1519 を経て、2006年8月に RFC4632 で現行のものになりました。

さて、IPv4 は、アドレスが4オクテット(4バイト)固定長で構成されます。
1オクテットずつ、ドット区切りの10進数で表記するのが通例です。
1オクテットで表現できる10進数の整数は0~255 なので、各ドット間の数字は必ず0~255の範囲になります。

これに対して、IPv6 は、アドレスが16オクテット(16バイト)固定長で構成されます。
実にIPv4アドレス総数(約43億)の 232倍 × 232倍 × 232倍 = 2128 個(約340澗 ≒3.4 ×1038) になり、『これだけあればアドレス枯渇問題は将来に亘ってほぼ皆無だろう』ということになっています。

アドレス表記も16進数表記です。これはエンジニアの間では常識ですが、16進数のほうがディジタル機器のあらゆる整数数値において親和性が非常に高いためです。
16進数表記の a ~ f は、基本的に小文字を使うように規定されています。[RFC5952, 2010年8月]

「16進数」がわからない方は、google などを使って各自調べてください。
合わせて「2進数と16進数」の関連を知ることで、何故16進数の方が親和性が非常に高いかが理解できるかもしれません。

IPv6 のアドレスは、2オクテット(2バイト)毎にコロンで区切って表記します。
そして、コロンで区切った各々の部分は「フィールド」と呼称します。
このフィールドは、省略表記(別記事にて後述)しない限り、桁数は4桁固定で必ず8個になります。

IPv6 には「サブネットマスク」という概念がありません。
その代わり、IPv4 のクラスレス化で導入した CIDR の考え方を踏襲して、「プレフィックス」「プレフィックス長」という概念が導入されました。

IPv6 における「プレフィックス」とは IPv4 で言うところの「ネットワークアドレス」、
この長さをビット長で示したものが「プレフィックス長」になります。

2018/02/20(火)IPv6 の基礎(1) - ネットワーク機器類の取扱説明書を見る時、得意になれそうな知識

今回から不定期にIPv6基礎ネタを備忘録的に残していこうと考えています。
あくまでも「備忘録」です。はい。

筆者がかねてから想像していたとおり、今まで嗜んできたIPv4 とは毛色が違うし、似て似つかないものがあります。なので、初心者から「志を持って」(何のだ・・)猛勉強中です。

そんな中、各種のネットワーク機器を家電量販店やICT機器専門店などで買うときや、買った後で知っておくと、周囲に威張ることができそうな理解がしやすくなるような基礎知識を先ずはまとめていきます。

IPv4 は、軍事・学術研究から行き当たりばったりで進化してきた技術ですが、
IPv6 は最初から民生用途が意図されていて、万人共通の定義づけがいくつかあります。
ここがまず IPv4 と違う世界ですね。
IPv6基礎(1)
IPv6 の世界で先ず使われる用語の基礎用語として、以下があります:
■ ノード
 IPv6 通信機能を持った機器全てを指す。
 具体的には、パソコン、ネットワークプリンタ、ルータ、サーバを指し、ハブやスイッチングハブなどはノードに含みません。
 図示していませんが、スマートフォン、タブレットも「ノード」です。
 ノードは「ルータ」と「ホスト」の2つに区別されます。

■ リンク
 ハブやスイッチングハブ、無線LANアクセスポイントなどを介して、ルータ超えしないで直接イーサネットやWiFiで通信可能な装置間接続を指します。
 ルータ同士の通信も「リンク」です。
 ルータ超えの通信は「リンク」ではありません。

■ サイト
 1つ以上のリンクからなるLANを指します。
 ルータが複数あっても、インターネットに出ていかずに別のリンクと接続するLANは、接続ルータ先のリンクもまとめて「サイト」になります。
 ただ、この概念は古い IPv6 の資料には出てくるのですが、現在は使いません。
 古い IPv6 の資料を読むときに必要となります。

■ ルータ
 ノードのうち、リンク外部との通信中継・リンク内部通信の取りまとめを行う機器を指します。
 インターネット接続には不可欠な装置になります。

■ ホスト
 ノードのうち、ルータ以外の全ての機器を指します。
 受信時、自ホスト宛は処理できるが、他ホストへ転送出来ない機器全てがホストです。
 パソコン、ネットワークプリンタ、サーバ、スマートフォン、タブレットなどは、典型的なホストの一例です。
 リンク内でも他ホストへの送信は、基本的にルータが取りまとめて処理します。

■ 近隣ノード
 リンク内で通信が直接到達可能なノード全てを指します。

これらは概念として理解しておくと、後々 IPv6 の理解が楽になります。

2005/07/03(日)ドットコムマスター★★★ 試験終了

 第1部と第2部の2部構成の試験です。総勢270人弱くらいかな。
 同じクラス(レベル)の受験者総勢12人。
 第1部は何とか時間内に間に合いましたが、第2部は時間内に全ての問題に取り掛かれませんでした。
 取り掛かれたのは全体の6~7割。
 合否基準は判りませんが、合格はちょっと難しい気がします。
 第2部は問題内容自体がえらく偏ってたです。
 数台のルータを普段からいじり倒しているような人なら、ものすごく簡単な試験だったことでしょう。
 それにしても時間配分を考えれば良かったかも。

2005/06/22(水)ドットコムマスターの試験



 受験票が早々と届きました。
 6/22 ~ 6/27 の間に受験票発送とか案内されていました。
 とりあえず、他都府県に出向く事態にはならないようで、まぁよかったですつーか。
 6/18 の記事 で記述しましたが、変な外来語の多さに少し困惑してます(爆)
 受験料が馬鹿高いので、合格しておきたいのですが、どうなるかは予測がつきません ^^;

2005/06/18(土)訳わがんね ~外来語~

 7月3日の試験日に向けて、資格試験 の勉強中であるが、日本語で書け、と思いたくなるような外来語が多々。
 デバイス=装置
 アノーマリ検出=異常検出
 エンドツーエンド=通信端同士
 アウトソーシング=外注
 ギャランティード型=専用・占有型
 コネクティビティ=接続
 シェアード型=共用・共有型
 ディザスタリカバリ=災害(障害)復旧
 リモートメンテナンス=遠隔保守
 アグリゲーション=集約
 プラントレコード=施工記録
 コスト=費用
 σ(^^)も普段使っている外来語も数個あることはあるが・・・(爆)

2005/04/06(水)ドットコムマスター★★★

先々週、予約申し込みしていた「公式テキスト」が今日届きました。

 ドットコムマスターについては、こちらを参照

 次回の試験を受けることにしたのです。試験日は7月3日。
 受験料高いのが難点なんですがねぇ。。日々の仕事で要求されている内容が、
 少なくとも ★★★(トリプルスター)レベルなので、致し方ないです(苦笑)。
 受験料どうやって捻出しようかという悩みもあります...orz

 紀伊国屋書店などの大型書店でも 4/1 から店頭販売になるとのことでしたが、
 たぶん、買いに行く時間の余裕ないだろうな、ということで、事前申し込みを。
 先ず、ちょっと驚いたのが「公式テキスト」なる本の厚さ。
 2cm 、ページ数にして 580ページくらいです。
 本の大きさはA4より小さく、B5より大きいというなんとも不思議なサイズ。レターサイズでしょうか?
 中身をさらっと眺めたんですが、これで勉強しても実務経験ないと、ちょっと難しい試験ですね。
 そういう意味で自分の実務経験がどんなレベルのものなのか、少しでも客観的な評価をされるよい機会と思っています。
 まともに勉強する時間とれるかどうか解らないですが、
 合格することで、別に進めている内容との相乗効果で少しでも今の状況を何とかしたいという状況ではあります。
 とリあえず、作業に戻ります...

2005/04/04(月)ディジタル技術検定

 昨年の11月28日に受験した試験の合格証書です。
 通知書だけでは寂しいので、数百円使って、取り寄せました(爆)
 まぁ、こんなイメージの合格証書です。A4の大きさです。
 あちらも営業活動は欠かしていないようで、
 次回(6月下旬)の受験案内と願書一式が別送で送られてきました。

 自分の場合、本当に難関な1級しかターゲットがないし、
 11月にしか試験を行わないので、
 どなたか2級~5級を受験したい希望者がいれば、お送りしますよ(^^)
 あと、受験資格に制限ないです。0歳児でも受験資格はあります。
 (常識的に考えて受理しないとおもうけど^^;)


2004/12/27(月)ディジタル技術検定2級 一丁あがり(ばき☆)

 両方(情報・制御)とも合格らしいです。
 合格率は今回は判らないが、前回で 31.8%。

 いきなり、USB の最大接続数とか、IEEE1394 に関する問題も出たので、普段の勉学能力も問われたのでした(爆)
 まぁ、何も無いよりはマシというレベルにはなりましたので、
 次回は、ドットコムマスター ★★★ あたり受けんと駄目かなと考えています。

 次回のディジタル技術検定は、2005/06/26(受付 04/26 - 05/26)、
 次回のドットコムマスターは 2005年4月くらいです。

OK キャンセル 確認 その他