2018/08/20(月)IPv6 6to4 接続を常に優先させる

結構嵌ってしまったので、自分メモ。
ネイティブ IPv6 接続と 6to4 接続、及びローカルLANを1つのサーバに接続している(つまり、3つの回線を接続している)環境で、IPv6 接続が全く出来ない現象に遭遇しました。

どうも
〈サーバからインターネット側への接続〉→ IPv6 接続出来る場合と出来ない場合がある
〈インターネット側からサーバへの接続〉→ IPv6 接続は全く接続出来ない
〈同一ネットワーク又はLANの接続〉 → 問題ない
という現象のようです。

最初、pf のフィルタ設定に問題があるのかと思っていましたが、どうやっても現象は解消せず。
なので、インターネット側から ping6 を流し、tcpdump コマンドでチェックしてみます。
※こんな時に役立つ tcpdump コマンド・・・

すると、なんと! 勝手にNGN回線へパケットが流れている!
ルーティング状態を見てみます....
20180820_1.png


上記で re2 と示すのがNGN回線です。これでは応答を返しても相手に届かないわけです。

何故こうなるのか。。 
どうやら FreeBSD では、OSが立ち上がる時、最後に認識したLANボードで取得したルーティング情報をデフォルトゲートウェイにしてしまうようです。(というか、IPv6的仕様らしい?)
こんな時のために、「ルータアドレスをデフォルトゲートウェイにしない」という指定がネットワークインターフェースに対して出来るようになっています。

具体的には下記のように /etc/rc.conf に指定します(アドレス等は伏せ字にしています):
ipv6_default_interface="re0"
ipv6_defaultrouter="2002:c058:6301::"
ifconfig_re0_ipv6="inet6 2002:xxxx:yyyy:zzzz::qqqq/48 -accept_rtadv"
ifconfig_re1_ipv6="inet6 fdxx:pppp:gggg:hhhh::nnnn/64"
ifconfig_re2_ipv6="inet6 accept_rtadv no_radr"
2行目の、2002:c058:6301:: は、6to4 のリレールータIPアドレス(6to4 においては特に必要で無い限り固定)、
1行目の re0 は、6to4 で接続するネットワークリンクのLANボードを示します。

5行目、 re2 の no_radr というキーワードで、「デフォルトゲートウェイにしない」を指定します。
re0 をデフォルトインターフェースに指定することで、デフォルトゲートウェイが re0 のリンクになります。

/etc/rc.conf を修正後に再起動して、再度ルーティングテーブルを確認します:
20180820_2.png


これで、〈インターネット側からサーバへの接続〉は出来るようになります。
しかし、〈サーバからインターネット側への接続〉で、デフォルトインターフェースに re2 が勝手に選ばれ、NGN回線からインターネット接続しようとします。。

IPv6固有のアドレスポリシーテーブルを変更しないといけないようです。
デフォルトでは、このテーブルは以下のようになっています。
 ::1/128     50   0
 ::/0       40   1
 ::ffff:0:0/96  35   4
 2002::/16    30   2
 2001::/32     5   5
 fc00::/7     3   13
 ::/96       1   3
 fec0::/10     1   11
 3ffe::/16     1   12
2002::/16 の 6to4 エントリは不要です。
自ノードが使うアドレスがある場合、大抵は削除するとよいです。筆者の場合は以下のように変更しました:
 ::1/128     50   0
 ::/0       40   1
 ::ffff:0:0/96  35   4
 2408::/22    10   6
 2001::/32     5   5
 fc00::/7     3   13
 ::/96       1   3
 fec0::/10     1   11
 3ffe::/16     1   12
*1

上記内容を /etc/ip6addrctl.conf に作成し、root ユーザにて
# ip6addrctl flush
# ip6addrctl install /etc/ip6addrctl.conf
を実行することで、即座に反映します。
また、サーバ再起動時に /etc/ip6addrctl.conf を読み込むため、設定内容がその場限りで消えてしまうことはありません。

これで、〈サーバからインターネット側への接続〉も常に 6to4 が優先されるようになりました。

*1 : 2408:://22 の行はたぶん要らないと思う。。(動作は 2018/08/20現在 未確認)

OK キャンセル 確認 その他