2018/06/25(月)6to4 回線の IPv6 逆引きを公開設定

今は日本人に優しい資料が無い(あってもちょっと古い)ため、いつもの備忘録代わりに作ってみました。
これを使うためには、
・当該サーバ等を 6to4(IPv4 回線における IPv6 トンネル接続) にて IPv6 に接続している。
・使用するIPv4アドレスは、固定IPである
・設定したい 6to4 IPv6 逆引きゾーンを登録する権限がある

といった前提条件があります。ネットワーク管理者中級向けといったところでしょうか。

この設定をするには、予め該当の 6to4 で使用する IPv6 アドレスの逆引きゾーンを登録したい権威DNSに登録しておかなければなりません。
例えば IPv4 アドレスで 192.168.1.50 に対応する 6to4 IPv6 アドレスは、2002:c0a8:0132::/48 となりますので、
逆引きゾーン 2.3.1.0.8.a.0.c.2.0.0.2.ip6.arpa を当該権威DNSへ登録してから以下の申請作業を行います。
#例示のIPv4 アドレスは、プライベートIPアドレス領域なので、逆引き登録は出来ません。

さて、この逆引きゾーン設定は、該当のホストマシン自身から、申請作業をWebブラウザでアクセスしなければなりません。
とはいっても、該当のホストマシン自体にWebブラウザをインストールしていない場合も多いはずです。この申請のために Chrome などわざわざインストールするのも馬鹿げています。

こんなときにさくっと役立つのが、昔から「テキストWebブラウザ」として存在する Lynx というソフトウェアです。前近代的な故、今どきのエンジニアな方々は知らないかもしれません。画像や動画、音声には対応しませんが、それ以外のコンテンツは何とか表示できます。

FreeBSD においては、 Lynx は Ports で簡単にインストールできます。(Portsツリー /usr/ports/www/lynx)
Lynx をインストールした後は、
lynx http://www.basekernel.co.jp/
のようにコマンドラインでURIを指定します。筆者の環境ではこうなります。。。
20180623_1.png
日本語がまともに表示できません。設定変更を行います。
何故かメニュー部分は文字化けしていませんで、o キー押下で設定画面が出ることがわかります。
ここで、o キーを押下すると。。。
20180623_2.png
なんと、設定画面も文字化け。。。
フォーカス部分は色が変わるようなので、下記の青緑色部分で示す部分を変更します。
#リターンキーや矢印キーを使います。
20180623_3.png
ここで、下記のような表示になるように矢印キーを操作し、リターンキー押下で設定が保存されます。
20180623_4.png
一度終了し、再度
lynx http://www.basekernel.co.jp/
とすると、今度は、
20180623_5.png
こんな感じで表示されるはずです。ここからが本題で、再び一度終了させ、
lynx https://6to4.nro.net/
とアクセスします。以下のような感じになるはずです。
幾つかサーバ証明書の警告が出ますが、yで強制的に進みます。
20180623_6.png
ここで、下の方にアクセス元のIPアドレスが表示されます。
どうやら IPv4 でアクセスしているようです。なので、直接IPv6アドレス指定でやってみます。
6to4.nro.net の IPv6 アドレスは、2002:ca0c:1dea::1 のようです。
#drill コマンドでAAAA レコードを正引きしてみただけです。

一度終了させ、
lynx https://[2002:ca0c:1dea::1]/
のようにすると、今度は受付する画面になりました。
20180623_7.png
ここでパスワード(削除の際に必要になる模様)を入力し、
20180623_8.png
更に、連絡先のメールアドレス、ゾーンを登録した権威DNSサーバ名を入力し、
Submit させます。
尚、連絡先のメールアドレスと2つの権威DNSサーバ入力は必須のようです。

受理・逆引き登録が完了すると、
20180623_9.png
のようになります。何らかの問題があると英語でメッセージが表示され、この画面にはなりません。

同時に登録完了で以下のような電子メールが apnic より送信されます。
20180623_a.png
SOAレコードに登録した電子メールアドレスにも同内容の電子メールが行きますので注意してください。
OK キャンセル 確認 その他