2017/12/09(土)FreeBSD Ports のgnuplot は使い物にならなくなった・・・

gnuplot とは、グラフを描画するための有名なソフトウェアで、かれこれユーザ歴だけは15年ほどになります。

弊社では今まで gnuplot を安直に FreeBSD Ports コレクションからインストールしていたのですが、余計なものが依存関係で入って来るのが悩ましいところでした。

そこへいつものように FreeBSD Ports コレクションからアップデートを図ろうとしたところ・・・
なんと、X11 ライブラリ群がデフォルトで依存関係として入ってしまうようになったのです、、、
X11 サポートを外すことが出来なくなった。。致命的です。

弊社の環境では、単純にグラフが PNG や GIF,JPEG 形式で描画できれば十分で、X11 なんぞ邪魔!!!
ということで、止む無くソースコードから構築することにしたのです。
ちなみに現時点での最新は 5.2.2 です。

多機能な分、構築作業が複雑そうだなという先入観が強かったのですが、結局、
# setenv CPPFLAGS '-I/usr/local/include -I/usr/include'
# setenv LDFLAGS '-L/usr/local/lib -liconv -L/usr/lib'
# ./configure --with-readline=gnu
# gmake
# gmake install
で、済むようです。FreeBSD 11.1R-p5 (amd64) の環境で確認しました。

注意点としては、gnuplot 本体をインストールする前に、libpng 等のグラフィックスライブラリ、readline ライブラリ、IPAやkochi等の日本語フォントを予め Ports などでインストールしておく必要があります。

-liconv オプションは、どういうわけか libiconv がリンク出来ないというエラーを吐いて構築が中断する状態になるので、その回避策として追記したという状態です。

2017/12/07(木)PowerDNS 4.1 リリース(with PostgreSQL)

ということで、弊社のマスターDNSを PowerDNS 4.0.4 から PowerDNS 4.1.0 に更新してみました。

「久しぶりの記事がこれかい」と呆れられると思いますが。。orz
どうやら、今回の『売り』は、「当社比で PowerDNS 4.0.x から 最大で 400% 高速化した」ということらしいです。

単純に「4.0.4 の使用をやめて、セキュリティFIX された 4.0.5 以降にしなさい」という警告メッセージが出ていたのがきっかけなのですが。。orz

さて、PowerDNS 4.1.x に更新するにあたり、PostgreSQL を使用し、且つソースコードから構築する際の configure オプションが変更になっています。

PostgreSQL サポートに関しては、
 --with-pg-config=/usr/local/pgsql/bin/pg_config
これだけでいけるようになったようです。
ちなみに弊社では、ソースコードから
# ./configure --enable-libsodium 
       --with-pg-config=/usr/local/pgsql/bin/pg_config 
       --enable-perl=yes
        --with-modules="bind gpgsql random"
(実際には改行せず、1行で入力)のようにして構築しています。
環境は、FreeBSD 11.1R-p5 amd64版です。
OK キャンセル 確認 その他