2018/03/25(日)やっと使えるレベルになった - IPv6 対応

一昨年秋から使い始めた某社向けの制御ボードですが・・・
20180325.jpg
昨年12月にこの制御ボードの IPv6 対応を決めてから、対応作業に結構キツイ4ヶ月でした。
3月に入ってすぐに色々あって、作業自体が専門知識を要する佳境に入っていたため、1週間ほど寝る時間があまり無かったorz..

あとはこの1~2週間で安定性向上と、取扱い説明書改訂などを行って完了です。

ここ最近、『働き方改革』と称してその中に「高度プロフェッショナル制度」という勤務時間ではなく、成果主義に基づく勤務体系が通常国会などで議論されていましたが、そんな言葉が無い時代から筆者自身の服務がそんな感じだったので、一言くらい物申すことが出来ると思うのですが・・(笑)

ハッキリ言いますと、勤務時間は減りません。
「勤務時間」という観点だけで言えばむしろ「増える」のですよ。

だが、短所だけを誇張して、「全て悪」みたいな印象操作は違和感をものすごく感じます。
実際、筆者のような研究・開発職は「労働時間」「出勤時間」「退勤時間」で一般職のように規制されると却って作業そのものがやりずらい上に作業効率が上がらない。
ハッキリ言って、夕方出勤・深夜退勤みたいな柔軟性が欲しい。
安倍総理が言っているのはこういう部分だと思うのですがね。

これが普通の日本人の感性からして「だらしない奴」とレッテル張りしたがるので、そういうことも違和感たっぷりですよ。

問題は過労死を助長する企業風土であったり、職場環境であり、
「カネのことや作業計画の点は面倒みるから、何日か休みなさい」
と(上司や責任者が)言える風土創りが最も必要なのです。ちょっと国会の論戦はズレているのだよね。。

つまらないことで、安倍政権叩きする暇があったら、北朝鮮と支那国の対応、地方疲弊対策を真剣にやってほしいと思ってしまいます。
OK キャンセル 確認 その他