2018/02/21(水)Windows版 の Chrome でmp4 動画がまともに観れなくなった時の対処・・

弊社サイトの IPv6 対応作業を地道に進めていて、動作確認して気づいたのですが・・orz
つい最近まで Chrome でのサイト埋め込み mp4 動画が再生できていたのに、軒並みまともに再生しなくなってしまったようで、、
google が積年の恨みでも果たしたのだろうか・・(数年前から google が推進中の webm 形式動画普及攻勢・・・)

こうなってしまうようになったのです ↓
20180221_1.png
音声は出るが、映像が全く駄目、、、しかし、Firefox では特段問題がありません。
もしかして、前述のとおり google が chrome で問題が出るように何かやからしたのではないか、と勘繰り、webm 動画形式の対応状況をオンライン調査で再確認します。。

もう webm ≫ mp4 という感じなんですね。動画サイトの大御所 Youtube が webm 形式(VP8,VP9) を本格採用したことの影響が想像以上に大きいようです。

不具合を起こしている mp4 形式動画を webm 形式にエンコードして、アップロード。
動画を表示する部分の HTML を以下のようにしてみました:
<video  width="800" height="490" controls>
 <source src='20170427_15.webm' type='video/webm; codecs="vp8,vorbis"'>
 <source src='20170427_15.mp4' type='video/mp4; codecs="avc1.42E01E, mp4a.40.2"'>
 <p>動画を再生するには、videoタグをサポートしたHTML5対応ブラウザが必要です。</p>
</video>


こうすることで、以下のように Chrome での動画再生が復活しました ↓
20180221_2.png
各所で言及されているとおり、同内容の動画であれば、ファイルサイズは mp4 形式より小さくなるようです。3割減は結構大きいですね。
20180221_3.png
ここで、avi 形式のファイルサイズが少し小さいのは、音声トラックが入っていないためです。
問題は、エンコードにエラく時間かかるところですね。
当方のPCでは概ね動画再生時間の3~4倍かかります。30分動画なら2時間弱かかってしまう。。。

〔2018/02/22 追記〕 Libre office の更新インストールと共に、Microsoft Visual C++ 2015 Redistributable(x64) - 14.0.24215.1 というものがインストールされたのですが、これで上記の不可解な現象は直った模様。。
OK キャンセル 確認 その他