2018/02/20(火)IPv6 の基礎(1) - ネットワーク機器類の取扱説明書を見る時、得意になれそうな知識

今回から不定期にIPv6基礎ネタを備忘録的に残していこうと考えています。
あくまでも「備忘録」です。はい。

筆者がかねてから想像していたとおり、今まで嗜んできたIPv4 とは毛色が違うし、似て似つかないものがあります。なので、初心者から「志を持って」(何のだ・・)猛勉強中です。

そんな中、各種のネットワーク機器を家電量販店やICT機器専門店などで買うときや、買った後で知っておくと、周囲に威張ることができそうな理解がしやすくなるような基礎知識を先ずはまとめていきます。

IPv4 は、軍事・学術研究から行き当たりばったりで進化してきた技術ですが、
IPv6 は最初から民生用途が意図されていて、万人共通の定義づけがいくつかあります。
ここがまず IPv4 と違う世界ですね。
IPv6基礎(1)
IPv6 の世界で先ず使われる用語の基礎用語として、以下があります:
■ ノード
 IPv6 通信機能を持った機器全てを指す。
 具体的には、パソコン、ネットワークプリンタ、ルータ、サーバを指し、ハブやスイッチングハブなどはノードに含みません。
 図示していませんが、スマートフォン、タブレットも「ノード」です。
 ノードは「ルータ」と「ホスト」の2つに区別されます。

■ リンク
 ハブやスイッチングハブ、無線LANアクセスポイントなどを介して、ルータ超えしないで直接イーサネットやWiFiで通信可能な装置間接続を指します。
 ルータ同士の通信も「リンク」です。
 ルータ超えの通信は「リンク」ではありません。

■ サイト
 1つ以上のリンクからなるLANを指します。
 ルータが複数あっても、インターネットに出ていかずに別のリンクと接続するLANは、接続ルータ先のリンクもまとめて「サイト」になります。
 ただ、この概念は古い IPv6 の資料には出てくるのですが、現在は使いません。
 古い IPv6 の資料を読むときに必要となります。

■ ルータ
 ノードのうち、リンク外部との通信中継・リンク内部通信の取りまとめを行う機器を指します。
 インターネット接続には不可欠な装置になります。

■ ホスト
 ノードのうち、ルータ以外の全ての機器を指します。
 受信時、自ホスト宛は処理できるが、他ホストへ転送出来ない機器全てがホストです。
 パソコン、ネットワークプリンタ、サーバ、スマートフォン、タブレットなどは、典型的なホストの一例です。
 リンク内でも他ホストへの送信は、基本的にルータが取りまとめて処理します。

■ 近隣ノード
 リンク内で通信が直接到達可能なノード全てを指します。

これらは概念として理解しておくと、後々 IPv6 の理解が楽になります。
OK キャンセル 確認 その他