2014/11/24(月)suPHP の構築 ― Ver 0.7.2 からは一筋縄でいかない

suPHP は、PHP をunix 上の各ユーザ権限で実行させるための Apache モジュールです。
これも今までのように行かず、導入に面食らいました。
# cd /usr/local/src
# tar -xvzf suphp-0.7.2.tar.gz
# cd suphp-0.7.2
# aclocal && libtoolize --force && automake --add-missing && autoreconf
# ./configure --with-apr=/usr/local/apache2/bin/apr-1-config
# make
# make install
(configure のオプション指定は、実際にはこれでは大きく役不足です)

ポイントは 4行目。
これがないと、
cannot find install-sh, install.sh, or shtool in config "@"/config
のようなメッセージが出るだけで、何も出来ません。
aclocal,automake 等は、FreeBSD の場合、 ports の devel/autoconf 、 devel/automake をインストールすることで入手できます。

libtoolize を実行しないと、make時に Version mismatch error となってしまう模様。

〔参考〕suPHPのインストール  (がらくたネット)
OK キャンセル 確認 その他